愛知県ロボット国際大会競技チーム強化支援事業に採択されました

2020年10月に、愛知県国際展示場においてRobocup Asia Pacific (ロボカップアジアパシフィック) 大会及び World Robot Summit (ワールドロボットサミット) が開催されます。 また、サービスロボットを中心とした展示会である Japan Robot Week も同時期に予定されており、 ロボット関連のイベントが同時開催されることで大きな盛り上がりが期待されます。

愛知県では、これら2つのロボット国際大会において、優秀な成績を収めることを目指す県内チームの活動を支援するため、 「愛知県ロボット国際大会競技チーム強化支援事業」を実施しており、この度、RoboDragonsが支援チームに選ばれました1

ロボット競技の第一線で活躍する専門家やロボカップ経験者等から技術指導を受ける機会を獲得し、 7月にシドニー国際会議場で開催される世界大会 RoboCup 2019 Sydney の支援を受けることになります。

RoboDragonsでは小型移動ロボットによってサッカー競技を行うリーグである Small Size League (スモールサイズリーグ、SSL) へ出場します。 これは大きさの上限が決められた車輪で動くロボット8台からなるチームどうしによる試合で、 フィールドの上に設置されたカメラと審判からの情報が両チームに送られます。 素早い動きと連携が特徴のリーグで、人間の行うサッカーのようなテンポの良さがあります。

RoboDragonsはSSLの世界大会でベスト8を12年間キープしており、2009年に世界第2位、2007年、2014年に世界第3位を獲得しています。 支援によって世界大会への過去最大人数での参加が可能になりました。 世界大会を経験したメンバーを多くすることで、リーグ優勝を目指します。